婚活なんて若い人のすることだと思っていました★

結婚相談所 東京婚活なんて若い人のすることだと思っていましたが、もうすぐ60歳というときになって急にさみしくなり、もう一度結婚したいと考えるようになりました。

10年ほど前に妻とは死別しました。

もう当時は子どもも成人し独立していましたので、それからずっと一人暮らしを続けてきました。

一人暮らしが長くなりますと洗濯やちょっとした料理ぐらいはできるようになります。

ですが洗濯はともかく、ひとりで食べる食事ほど味気ないものはなく、結局外食ですますことが多くなっていました。

初めのうちは子どもたちも心配してきてくれましたが、そのうちだんだん足が遠のいていきました。

ひとりで過ごすと独り言が多くなって、気がつくと何かぼそぼそとテレビに向かってしゃべっているような毎日でした。

それで以前から中高年の再婚が盛んになっていると聞いていましたし、その年代で結婚相談所に登録する人も多いと聞いたので自分も思い切って登録してみることにしました。

通いやすいほうがよいと思ったので東京の家から比較的近い結婚相談所を選びました。

実際に何人か紹介してもらいました。

思っていた以上に世代に幅があり、自分よりも上の年代の人も男女問わずたくさんいました。

どの人も積極的でしたし、いろいろな催しもありなんだか楽しかったです。

それまでは会社で着るスーツぐらいで、普段着はほとんど持っていませんでした。

ですが結婚相談所に通いだしてからは多少は着る物にも気を使うようになりましたし、身ぎれいにするようになってから、会社でもオシャレになったといわれるようになりうれしかったです。

毎日がよい方向にかわりました。

結局、結婚相談所で気の合う女性と知り合い、籍を入れることになりました。

双方の子供たちも納得済みで、円満な結婚でした。

今は日々の生活で何気ない言葉にも返事が返ってくる幸せを感じながら生活しています。

東京の結婚相談所にこの年齢からでも思い切って申し込んで本当によかったと感じています。